×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

ほくろ除去をしてみませんか

ほくろ除去をしてみたいと思ったことはありませんか?顔や手足の見える部分に在るほくろが気になって「何とか取れないだろうか」と、考えている方は多いようです。ほくろ除去を始める前に、なぜほくろが出来るのか調べてみましょう。ほくろは母斑細胞と呼ばれるメラニン色素を産出する細胞が、皮膚の深い所に多数集まってしまう事でできます。集まらなければできないので、生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはありません。また、ほくろの出来やすさは、体質が関係している事もあります。
ほくろ除去の必要性は、「気になるから」ではない場合があります。紫外線などによってメラニンが多量に作られた結果、細胞に異常をきたしメラノーマ(がん)になることもあります。「ほくろがだんだん大きくなってきた」「ほくろの部分がだんだん盛り上がってきた」場合などは注意が必要です。このような場合は、間違いのない方法で除去しなければなりません。
ほくろ除去は、あまり難しくはありませんので、皮膚科やクリニックで相談してみましょう。
 

ほくろ除去法は切除縫合法で

切除縫合法でのほくろ除去は一般的な外科手術の方法としてはとても簡単な手術です。直径6mmを超える大きなほくろに、この切除法合法でのほくろ除去は適しています。
切除縫合法でのほくろ除去は、局所麻酔をし、メスでほくろとほくろの周りを除去します。ほくろ除去をした後に、手術用の糸で真皮の縫合と表面の縫合をします。約一週間で抜糸となります。ほくろ除去後の痛みですが2〜3日は続くようです。抜糸までの経過はほくろ除去をした箇所によって変わることがあります。病院やクリニックによっては、ほくろ除去後に傷跡の消毒のために毎日の通院消毒をする必要があります。
傷跡を気にする方もいるようですが、経験豊富な医師であればほくろ除去後の傷跡はほとんどわかりませんし、綺麗に治すための薬もあります。さらに、切除法合法でのほくろ除去の場合は病理検査をする事が出来るので、メラノーマなどを心配している方は、切除縫合法でのほくろ除去が安心でしょう。
切除法合法でのほくろ除去の欠点は、抜糸をするまでの時間とケアーです。

スポンサード リンク

ほくろ除去を簡単にするには

ほくろ除去は炭酸ガスレーザーでの除去があります。早くて簡単な除去法で、ほくろの大きさが5mm以下の盛り上がっていないほくろの除去に適しています。
炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、5分〜10分とかなり短時間の施術で除去できます。レーザーメスでほくろ除去を体験した方は、あっというまに終わったという方がほとんどです。炭酸ガスレーザーでのほくろ除去には、施術中の痛みもほとんどありません。ほくろのある所に麻酔がかけられ、その後一気に炭酸ガスレーザーで照射しほくろを除去します。施術にともなう出血量もごくわずかなものですみます。
炭酸ガスレーザーでもほくろ除去では一回の施術で除去する事ができますが、まれに皮膚の奥深くメラノサイトが残っている場合などは、2回以上のほくろ除去施術をうけ事もあります。ほくろ除去をした施術後は小さな絆創膏などを貼るだけです。炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした多くの女性は翌日からお化粧が出来ます。
気をつけなければいけないのは、炭酸ガスレ∴レしたりすることがありますので、必ず医師や専門家と相談して除去の施術をうけることが大切です。

Copyright © 2008 ほくろ除去は難しくありません